わかりやすい恋

このアカウントはフィクションです

「で、新婚どう?」のこたえ

結婚式を終えた直後の先週一週間、周りに「毒気が抜けてる」「空気と髪ツヤと肌艶が綺麗…」と言われ続けたけれど、さすがにそろそろ汚染されてきたような気がする。

 

「結婚して何か変わった?」とよく聞かれるのだけれど、数ヶ月前から一緒に住んでることもあって、別になにも変わらない。朝起きて隣にいて、同じ家に帰って、同じベッドで眠る。こんな日をあと何万日か繰り返すのだと思う。それが日常。

変わったことは一部における名字と(会社では旧姓で呼ばれているし、カードや銀行の手続きもまだ出来てないのでいちいちどちらで書くべきか混乱する)、気持ちだけ。

 

もう誰かと恋愛で面倒な思いをすることは(きっと)ないのだという安堵が、思っていたより大きかった。

これから出会うほとんどの人たちは、左手薬指を見て私を対象外にするだろう。これまで何かあった人たちも、きっと倫理を越えてまでもうどうこうなりたいとは思わない、これまでいくらもあったタイミングを逃し続けたのだから。

だから私はもう、恋愛で煩わされることはないのだ。好きな人に振り向いてもらいたい、連絡していいかなあ、会いたいのに会えない、両思いのくせに報われない、そんないろいろに気持ちを占拠されることはもうない。その事実に、妙にすっきりしている。

 

関係は常に獲得し続けなければ腐るものだと思っているけれど、たぶんほんとうは、誰かの彼女という役割は私には億劫だったのだ。定期的な連絡や愛情表現、意思表示、そういった義務から解放された。厳密にはもちろん続けなくてはならない努力もあるけれど、ある意味私は、結婚という制度に甘える気満々なのだろう。

 

結婚して戸籍や指輪や名字に縛られて、こんな気持ちになれるとは思っていなかった。まだまだ何が起こるか何を感じるかわからなくて、なんだかすがすがしく、わくわくする春の始まり。

記憶の中で光り続ける日

先週結婚式を挙げて、人妻デビューした。

結婚式当日は聞いていた通り、あっという間だった。
これまでの人生のコミュニティでの、たくさんの思い出や感情を共有してきたひとたちが、笑顔で祝福してくれて。結婚したことそのものというよりも、そういうひとたちに囲まれていることが幸せで、これまでの辛かったこととか飲み込んだ気持ちとかが全部昇華されていくような感覚だった。「生きてきてよかった」、そんな日。


結婚式をしよう、という話になったときに、一番は親に感謝を伝えたいよね、と話した。これまで育ててくれてありがとう、これからもよろしくね、を伝える会にしたいと。

でも、実際に結婚式を挙げてみて、最終的に自分のためになったと思う。もちろん親に伝えられる限りの感謝は伝えたと思うけれど、それよりも、自分の覚悟を決めるタイミングになった。結婚式挙げる前に決めておけよって言われそうだけど、あんなきらきらな笑顔の中で大好きな人たちにお祝いしてもらったら、もう本当によほどのことがないかぎり離婚なんかできないし、しない。幸せになって、幸せでいることが権利じゃなくて、ある種義務になった日だったとも思う。


式まで(特に親族紹介)はずっとめそめそしていて、披露宴も号泣しそうだな~お化粧が~~と思っていたけれど、披露宴と二次会については終始楽しく(一部泣いたり恥ずかしかったりしたけれど)過ごせた。なんならはしゃぎすぎた。
私のために泣いたり笑ったりしてくれた、可愛くて品がよくて聡い自慢の高校時代の友達たち。急な話だったのにお祝いに駆けつけてくれて、式場の人に「こんなに場を盛り上げてくれるゲストは今まで見たことがない」って言われるほど盛り上げてくれた、大学時代の仲間。ほとんどの人はこれを読まないだろうけど、感謝してます。今年の目標に「会いに行って直接お礼を言う」が加わりました。

みんなが大量に撮ってくれた写真を眺めてると、私や旦那さんはもちろんだけど、両親や親族、参列者の方がみんなにこにこしていて、それを見るだけでまた幸せな気持ちになる。
両親は多分最後まで複雑な気持ちだったのだと思う。一人娘を嫁に出す覚悟は相当のものだっただろう。しかも何年も付き合ってた彼氏とかならともかく、突然付き合い始めて挨拶に来た人。「結婚を前提にお付き合いを始めました」って挨拶のあとに、お父さんと飲みに行ったら、「この2年以内とかで結婚するつもりはあるの?」って聞かれたなあ。多分お父さんの予定よりずっと早まってしまった。
それでも私が選んだ人を大切にしてくれて、私の選択を尊重してくれて。彼らはぶれなかった、どこまでも私の自慢の両親だ。最後の父のスピーチと母からの手紙は、きっと死ぬまで携えるわたしの宝物になった。

 

f:id:kitsu7:20170309131029j:image

 

大学時代の大切な友達が結婚式を挙げたとき、結婚式は「お守り」だって言ってた。その意味が、今ならよくわかると思う。これからもきっと辛いことや悲しいことはあるけど、私はこの日に立ち返ることができて、そうあり続けられる限り幸せを見失うことはないんじゃないかな。そしてお守りは結婚式という日そのものだけじゃなくて、そこでもらった大好きな人たちの笑顔や、言葉だってそうだ。いつまでも「強くて繊細で聡い」「キラーチューン*1の似合う」ひとでいられるように。

*1:この曲を私のテーマソングって言ってくれる子がいて、特別な曲になった。披露宴のBGMはほとんど私の独断で決めて、私のゲストからは私らしくてよかった、和装のときかっこよかった、ってポジティブなメッセージを貰って嬉しかった。大好きな曲に私の大切な時間を伴走してもらえた。

いつかのための冷凍保存

時が流れるのが早すぎて、とくに身体が追いつけていない気がする。街ですれ違う人の服装が変化している。もうふわふわの毛に包まれる人はあまりみない。カレンダーは3月になって、すぐに終わるひな祭りをもうすぐ迎える。もう2017年の3月だよ。

 

2017年の3月を、2007年の私はどう予想していたんだろう。あの頃は高校生で、私は理系に進学してどこかの研究員になっていると思っていた。23歳で結婚するとなんとなく信じていた。23歳になって、社会人1年目(理系だったらストレートでも院生)で結婚するなんてなんで思ってたんだろう?と昔の自分の思考回路を疑った。

 

私は今週末結婚式を挙げて、来週頭に入籍する。独身の水曜日は最後だ、なんてことを考えながら、カウントダウンを始めた。結婚式を終えた後の自分、入籍した後の自分がどう思っているか、まるで想像がつかない。あんがい何も変わってなくて、実感がないなんてこぼしているかもしれない。もしくはまるで別人のように生まれ変わってしまうのだろうか?

 

「今どんな気持ち?」とこの前、母に聞かれた。たぶん心の中をのぞいたら、心配や不安や寂しさや郷愁、いろんなものが綯い交ぜになっているはずなのだが、いまの私はそれを言葉にする術を持たない。無意識のうちに、自覚しないようにしているのかもしれない。不可逆へ進むことへの不安を。触れられれば風船のように割れそうなそのあやうさを。

 

もう3月だ。別れや新しい一歩にふさわしい、使い古された春。いつかこのときを懐かしむだろう私のために。

三島由紀夫のSF、『美しい星』を読んだ

三島由紀夫の『美しい星』を読んだ。

 

美しい星 (新潮文庫)

美しい星 (新潮文庫)

 


三島作品の中では異色とされるSF。
自分たちのことを人間だと思って暮らしてきた一つの家族(大杉家)が、空飛ぶ円盤と遭遇することで自分は宇宙人であったと認識し、人類を核兵器による滅亡から救う活動を行う。一方、同様に自分たちを宇宙人と認識し、人類の滅亡をたくらむ大学助教授を筆頭とした3人が現れ、対立する。

前半はその家族たちの暮らしや、宇宙人と自覚することでの生活の変化を丁寧に描いている。特に暁子という娘(金星人)への描写が多いのは、美への描写が多い三島ならではともいえる。
全体的には、『憂国』などと比べるとかなり読みやすいというか、間口を広げて書いた印象を受けた。でも相変わらずニヒリスティックな台詞、美しい比喩、文体、アイロニーなど三島らしさは随所にちりばめられている。
特に後半部分で、家長である重一朗と羽黒助教授たちとの舌鋒の鋭さはやはり三島、と唸らせられた。ただ一方、言葉によって相手に理解してもらえる/もらいたいと思うがゆえに言葉を重ねていくところはなんとも人間らしく、その矛盾の見せ方が巧いなあと。
地に足が着いたSFというとおかしいだろうか。実は宇宙人だったという突拍子もない設定にもかかわらず、そのありようがなんとも人間らしいのでそこに現実を見てしまうのだ。

 

f:id:kitsu7:20170216124102j:image


三島は『椿説弓張月』など歌舞伎作品も書いているが、それについて作者本人が言及しているところはくすりと笑ってしまった。

どうしても三島作品を読むと、彼の自刃への影響について勘ぐってしまう。
『美しい星』を日本、地球人を日本人と置き換えれば、もしかしたらこの小説は彼の政治的思想を下敷きにしているのではないか、と考えることも出来る。ただしフラットな視点から書かれているところが他の作品と違うかもしれない。そういう点では、前のめりではないというか、一歩外側から眺めている書き方であるともいえる。
自分の手で守るのか、壊すのか。どちらにせよある意味愛情表現の一種だ。そしてこれは三島の思想の核の一つなのではないかと思う。

2017年5月に、大杉家父役にリリーフランキー、娘暁子役に橋本愛といった何とも面白いキャスティングで、しかも『紙の月』『桐島、部活やめるってよ』の吉田監督が映画化するというのでとても楽しみ。原作の台詞まわしをどう脚本に落とし込むのか、今から気になります。

 

リリー・フランキー×亀梨和也×橋本愛『美しい星』特報 - YouTube
予告編もいい感じに胡散臭い。
劇場に見に行く前にもう一度読み直したいところです。

半年で7キロ痩せたわたしのダイエット法

釣りエントリかアフィっぽいタイトルにしてしまったけどタイトルの通りです。

 

美容意識のあんまり高くない私(例:髪は染め直しに行くのがめんどくさいから染めない、毎日何十分もお化粧するのがめんどくさいから化粧下地は塗らずに普段のスキンケアで人にさらせる素肌をつくる、など)がめずらしく意識高くダイエットをしてみた。
元々運動も食事管理も嫌いで、ダイエットは長続きしないタイプだったのだけど、さすがに自分の結婚式を目前にして痩せないわけにはいかず、式場が決まったあたりからこつこつと痩せてきた。半年強で7キロ程度。元々ものすごく太っていたというわけではないけど、露出はそこそこ控える程度にぽっちゃりでした。

というわけで覚え書きついでにまとめます。


体重の減らし方
初期は面倒だけどひたすら食べたものを記録していた。
あすけんというアプリで大体の食べたものを登録して、一日の摂取カロリーを毎日確認して、体重と体脂肪率を記録して・・・というのを多分4ヶ月くらいは続けていた。
あすけんのいいところは、市販の食べ物が結構登録されているので、カロリー計算がわりと楽なところ。ローソンのおにぎり(日高昆布)ひとついくら、みたいなのをいちいち確認しなくても検索すれば出てくるので、面倒くさいというハードルが低い。あと、体重が減るとキャラクター(お姉さん)が褒めてくれるのでモチベーションが上がる。日記の機能もあって、他のユーザーが書いた日記を読んでモチベーションを維持したり、自分の日記のいいねを見て励まされたりするのも継続できたポイントだと思う。自分と似た体型の人や自分がなりたい体型(身長・体重)の人の日記をフォローして参考にしたりしていた。
でも3ヶ月くらい前からあすけんを使わなくなった。大体食べたもののカロリーがわかるようになったのと、停滞期になったときに減らない体重のグラフを見ていると逆にストレスに感じるようになったので。この時点で大体4.5キロ減なので停滞期だったんですね。
ある程度がつっと体重が減るときまでは楽しく使えると思うのでおすすめ。

運動は色々と試した。ホットヨガ、ランニング、筋トレ、バレエビューティフル。
ホットヨガとランニングは、着替えるのと洗濯するのとどこかに出かけるというハードルが高すぎてやっぱり続かなかった。ホットヨガは汗の出方が尋常じゃなくてテンションあがったけどやっぱり億劫。。
筋トレ、自宅ヨガは毎日やろうと思うと続かないので、思い出したときにやっている。ある程度体重が落ちてからは、全身よりもパーツが気になり始めたので、パーツに特化した筋トレを2,30分程度やるくらい。今は最大の敵である二の腕の筋トレとストレッチを毎日20分くらいやってます。この副産物なのか、最近肩こりがひどくて頭痛が起こるということは結構少なくなった。
バレエビューティフルはすっごくきついけど翌日以降如実に筋肉痛になって効果がわかりやすいので、むしろ式が終わったらやろうと思っている。全身やるのは1時間くらいかかるので、平日はなかなかできない・・・。

食事は、
痩せる前:がっつり朝ごはん(たっぷりグラノーラとか)or抜き、普通にお昼ご飯、普通に夜ご飯(ごはんおかわりはさすがにしない)+会社で1回間食、夕食後おやつ。そりゃ太るわな・・・。転職直後でよくわからないストレスからやけ食いに走っていたところもある。


最近:朝ごはん腹8分目、昼ごはんふつう、夕ご飯は炭水化物控えめか抜き、が多い。間食は生理前とかじゃなければ基本的にしない。もらいものとかで甘いものを食べなきゃいけないときはできるだけ朝食べる。
割とがっつり管理していた(1食400kcalになるように調整とか)時期もあったけど、最近はこの方法でそんなに増えないようになってきたので続けてる。食べたいものは食べて、翌日とかに調整というのが多い。

体型の整え方
体重を落とせても見た目ぷよぷよでは意味がないので、ラインをきれいに整えることを意識するようになった。
バレエビューティフルとか筋トレとかもそうだけど、意識してやるようになったのは(ある程度体重が落ちてからだけど)スカートじゃなくてパンツスタイルをたまに取り入れる、とか。サイズダウンできるとモチベーション上がるし、足の個々の部分のお肉が邪魔だなーとか思える。
あとは通称白鳥エステに通って整えてもらっている。11月末から通い始めてマイナス2キロちょっとなんだけど、体重よりも体型の変化が半端ないのです。私の場合はむくみ、コリ、冷えという典型的な女性の大敵が巣食っていたので、時間をかけてむくみとコリをとってもらっている。特に肩から背中周りと、ウエストから腰周りの変化が著しい!!!実は肩甲骨埋まってたんだけど、コリをとってもらったおかげで発掘できたし、背中の肉もかなり薄くなった。ドレスに乗らなくなった。笑
ウエストも多分以前は60台後半くらいあったと思うんだけど、とうとう昨日60程度まで引き締められました……(お腹に力入れたら59でびびった)。無駄にシルエットの出るお洋服を着たくなっちゃうよね!
白鳥エステは本当にすごいので式が終わってからも通うつもり。そしてどう素晴らしいかについては別エントリでちゃんと書きたい…多分女子校出身者にとってすごく居心地のいい場所だと思うんだ…!!

つい書きすぎた。長い。
当面の目標は、定性的にはマリンスタイル(白パンツ)を綺麗に着こなせるようになること、定量的にはマイナス5キロです。夏ごろの完成を目指してます。がんばるぞ。

ハンカチオーダーメイドが予想以上に幸福度高かった話

人のプレゼント選びは楽しいんだけど、結構難しい。特に女子。

例えばスイーツはダイエット中の子にあげられないし、化粧品は人によって好みと合う合わないがあるから難易度高い。リップとかなら普段買わないブランドのものをあげられるけど、似合うかどうかわからないし…と結局悩むことになる。

しかも今回はお化粧をあまりしなさそうで、甘いものは喜ぶだろうけどそれよりも何か残るものを貰ってもらいたいな、と思う相手だったので結構悩んだ。結果、ハンカチをあげることにしました。

たまたま六本木で予定があったので、ヒルズの中の「classics the small luxury〜クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ〜 世界でただひとつのハンカチーフ専門店」に行ってみました。事前にネットで見てみたんだけど、そもそもいろんな種類のハンカチがあって選べない……とその時点でなった。でも、イニシャルだけでなくモチーフも選べるのは楽しそう!!

タイミング悪くバレンタインを控えた土曜日に行ってしまったためか、店内は激混みでした。お姉さんたちがお客さんに刺繍とかの説明をしているのを横目で見ながら、店内に飾ってあるハンカチを眺めていたんだけどそれだけで楽しい…。
自分用にレースハンカチも買いたかったのでその辺もぶらぶらしていたんだけど、繊細なモチーフだったりハートの割と大柄なものだったりと結構種類があって迷いました。使うタイミングないと思って買わなかったけど、ゴスロリっぽい黒レース×黒ベースのドット柄のハンカチとかあってすっごく可愛かった。
薄手のもの、そこそこ厚みがあるものなどいろいろ種類があるので、好みで選べると思う。私は厚手のものが好きなので、比較的しっかりした厚みのある布のハンカチを選びました。

ベースのハンカチを選ぶだけでももちろん悩むんだけど、ハンカチを決めた後もまだまだ悩みます。
刺繍で文字やモチーフを入れてもらうことが出来る上に、特に文字はフォントのバリエーションが豊かだったり刺繍糸の色まで選べたりと、ああでもないこうでもないと複数シミュレーションさせてもらいました。シミュレーションは、選んだハンカチの上に載せたい刺繍デザインが書いてある透明のカードをかぶせて確認する形。色は変えられないけど、刺繍が入ったときの形がイメージつくようになります。
ちなみに刺繍は、よくあるイニシャル・数字以外にもいろいろあって、誕生石・ペット・ゴルフ・飛行機・メガネetcとかなりバリエーション豊か。これだけあると持つ人の個性にあわせたハンカチが出来てもらった側も嬉しいんじゃないかなーと思いました。もちろんイニシャルだけでも嬉しいけどね。
価格はものによってまちまちだったけど、大体2000~3000円くらいのハンカチが多いかな。高くても5000円くらいだったような。刺繍は1つ400~600円程度でやってもらえます。

ということで私が作ってもらったのはこちら。
・レースに青でイニシャル
・大小さまざまなハートが組み込まれているグレイッシュパープルに誕生石とイニシャル

f:id:kitsu7:20170213121717j:image

グレイッシュパープルの方はイニシャル違いで友人にあげる予定。喜んでもらえるといいなあ。やっぱり人が喜んでくれるかなって思いながら選ぶお買い物はとっても楽しいです。にやにやしながら店内うろうろしてましたw
ちなみに刺繍は1時間程度で対応してくれるので、森美術館に来るついでに立ち寄るのもよし、刺繍待ちの間にTOHOシネマズで映画観るもよし、シナボン食べにいくもよし。私の六本木の楽しみ方も今度書こうかな…。

自分のご褒美用でも、プレゼント用でも使えるかと思います:)

ひとりで食べたっていいじゃないか

人と話しながらご飯を食べるのが苦手だ。


まず食べるペース。早すぎて先に食べ終わってしまっても相手を急かすようでいやだし、遅すぎて相手を待たせることもしたくない。どちらかが食べ終わった後で一方が食べ続けているときの沈黙の、気まずさたるや。
かといって、沈黙しながらご飯を黙々と食べるのもなんだか気まずい。仲が悪いみたいだ。実際には大方の割合で、一緒にご飯を食べられる程度には仲がいいはずなのに。そこに漂う「気を遣っていますよ」という空気で、ご飯がぜんぜんおいしくない。
それから、特に麺類を食べているときに向かい側に座られたくない。ご飯を食べるとき、特に麺をすするときの間抜けな顔を見られるのではないか、と思ってタイミングをはかるのが難しいし面倒だ。

勘違いされないように記しておくと、おいしいものを食べることは大好きだ。携帯のメモにはいつも、気になったお店や行ってみたいお店をずらっとメモしている。それから、ひとと話すことも好きだ。人前で話すのは苦手ではないし(営業だったからしゃべるのが仕事みたいなところもあったし)、気の置けない友達と5時間電話だって昔はよくしたものだった。

もちろん誰とでもうまく一緒にご飯を食べられない、というわけではない。家族やものすごく仲のいい友達(もうあまり友達と思ってない)は例外だ。特に彼女に関しては、高校時代に学食でいつも対面でなく横並びで食事をしていて、周りに不思議がられたことを懐かしく思い出す。横並びの方が近いし声を張らなくていいし、声が聞こえないなんてこともないし、いいですよ。異性とも横並びが好きだ。

思うに、原因はふたつある。
まずひとつは、幼いころに3人以上で食事をする回数が少なかったこと。父が激務であまり夕食を共にすることがなかったため、基本的には母と二人(+テレビ)で食事を摂っていた。このとき、話すのはもっぱらテレビの役割で、私とは母は合いの手を入れるなり相槌をうつなり、オーディエンスの役割を果たすことが多かった。対母に対しても同じことが言えて、彼女の話を聞くことが多かったように思う。というか今でもそうだ。
もうひとつは、食事を摂るテーブルが円卓だったこと。四角ければ対面が必ずいるが、円卓がゆえに目の前にあるのはキッチンであったり、壁であったり、冷蔵庫であったりとそのときどきのレイアウトによって異なる家具だった。人間ではなかった。だから恐らく私は、必要以上に対面の人間の視線を鋭いと感じてしまうのだろう。

気を遣っているそぶりをあまり見せずに、にこやかに和やかに(初対面もしくはそこまで親しくない他人と)食事を摂れる人を見ると、本当にすごいと思ってしまうのだ。