the happy few

このアカウントはフィクションです

鮮明な季節の残像

もはやありがたみも新しさもなく使い古された「平成最後の夏」、私にとっては大きなアイスクリームみたいなものだった。まだある、と思いながらゆっくり食べていたら、気がついたときには夏の暑さで溶けきって跡形もない。

そんな夏だとしても、振り返るとビビッドでうつくしく感じるのだから不思議だ。季節は季節というだけで美化されているのかもしれない。

いつもの記録魔、あるいは時間に対する貧乏根性をモチベーションに、わたしにとっての平成最後の夏をまとめておく。

 

仕事の関係でまとまった夏休みは取れなかったのだけれど、夏をいちばん感じることができたのはお盆の京都一泊二日だ。

年に何度か遊びに行っている京都のお茶屋さんに誘ってもらって、大文字焼きを見に行った。

f:id:kitsu7:20180916164810j:image

大文字焼きというものだとばかり思っていたけど、京都の人は五山の送り火というらしい。

秘密の隠れ家みたいな会場でお酒とおいしい食事をいただきながら夕暮れを眺めて、時間が来たら順々に点火される送り火をぼんやりと眺める。贅沢な時間だった。京都にきた新選組もどこかで眺めたのかなあ。

8月の京都は10年ちょっとぶりで、茹だるような暑さを覚悟していたのだけど、大変過ごしやすいお天気でそれもよかった。東京より涼しくて驚いた。

 

f:id:kitsu7:20180916165420j:image

京都にはもう数え切れないくらい行っているのでそろそろお寺観光という楽しみはなくなりつつあるけど、今回はたまたま限定公開していた旧邸を見に行けてよかった。昔のふるーい優雅なお宅。

 

久しぶりに映画館に映画を観に行った。シネマ歌舞伎の『大江戸りびんぐでっど』と、『オーシャンズ8』と話題作『カメラを止めるな!』。

シネマ歌舞伎で上演される演目は勘三郎さんが出ているものが多いからか、観にいくたびに不思議なさみしい気持ちになる。スクリーンに映る彼はいつもバタバタ走り回って文字数の凄まじそうな量のセリフを言って、このエネルギー量に惹かれる人が多いのも頷ける。

映像があると、もう二度と会えない、観られないはずの人を観られてしまうから、ありがたいことだけど遣る瀬無さが残ってしまう。特に歌舞伎は、生きていた時代で観られるものがまったく変わってしまうから。今見られるものよりももう見られないものに目が行きがち。

 

オーシャンズ8とカメ止めは完全にノリで観に行ったのだけど、観てよかった。なんの驚きもなくケイト・ブランシェット沼に落ちる。彼女がパステルカラーのスーツをお召しのときがめちゃくちゃグッとくる……。女だらけの作戦なんて絶対誰か裏切るでしょ、とか汚れきった心で構えていてすみませんでした。(男性比ではなく絶対的に)強い女はひたすらかっこいい。

カメ止めはよくできているなあと感心したし真魚さんがひときわ光っていたけれど、三半規管が弱いので最初の30分はかなりキツかった。なんとか耐えきって最後まで見られてよかった。

 

そういえば、会社のお達しでちょこっとだけビジネス英語のスクールに通った。普段フランス語なまりの英語ばっかり聞いているものだから、自分の話す英語も若干なまっているということに気づけてよかった。英単語帳を引っ張り出したものの続きはせず、代わりに気休めと言ってはなんだけど、SpotifyでひたすらThe Beatlesを聴いている。とりあえず正しい発音の英語を耳に入れる習慣を作ろうと思って。

音楽との距離は友達との付き合い方に似ている。まったく意識しない日々が続いたかと思えば、突然毎日連絡取っちゃうみたいな。The Beatlesもそのうち飽きるだろうなと思って聴いていたけど、何故かまだまだ聴き続けている。掠れたジョンレノンの声がセクシーで好き。喉の奥でがなるときとか、ちょっと椎名林檎を思い出す。

 

夏はアイスが主食と断言して憚らないけど、今年はチョコミントアイスのラインナップが多くてコンビニ巡りが捗った。たしかセブンのチョコミントアイスバーをよく買った記憶。

という流れで夏に食べたおいしいものログ。

f:id:kitsu7:20180918233302j:image

夏嫌いなくせに夏生まれなんですが、今年は久しぶりにホールケーキを食べなかったもののめちゃくちゃおいしいケーキでお祝いしてもらいました。ピスタチオ最高。


f:id:kitsu7:20180918233256j:image

北海道に出張に行った父が珍しくお土産を買ってきたのでうに丼のために召喚された。自発的突発的なお土産を彼が買ってきたのは初めてじゃなかろうか。


f:id:kitsu7:20180918233316j:image

別途記事にしたい気もするけど、夏はホテルステイにはまった(というかある種の修行)。デパ地下に行ってからホテルに行くのとてもはかどります。


f:id:kitsu7:20180918233305j:image

この夏かなり上位に食い込む、FOUNDRYの桃とアールグレイのタルト。なるほどこの組み合わせは大正解である。


f:id:kitsu7:20180918233314j:image

歌舞伎のために大阪遠征したときに泊まったセントレジス大阪(超素敵なホテルで気に入ったのでまた泊まりたい)のイタリアンランチ、このパスタがめちゃくちゃおいしかった。えびとカラスミという最強コンビ。


f:id:kitsu7:20180918233308j:image

ツイートしたけど、いちじくを見つけたらご一報ください。いちじくのお菓子には本当に目がないもので…。マリフレ、ごはんはいまいちだけどケーキのヒット率高い。


f:id:kitsu7:20180918233259j:image

京都で食べた鱧のお寿司。鰻は好きじゃないけど鱧はめちゃくちゃ好きなんですよね、15歳の時からもうずっと好き。


f:id:kitsu7:20180918233311j:image

世界一好きな女の子のことを世界一好きだなと思い始めてからたぶん12年くらい経ったのですが、その中でも最長の会えなかった期間をようやく終えて再会、記念のとらや。開店前の三越地下入り口で姿を見つけたときはちょっと泣きそうになったし、当日家を出るときには最早会いたくないとまで思った(錯乱している)けど、平成最後の夏に再会できてよかったね私。この人に対してだけはやたらと愛が重い。

 

今年の残り時間で夏休みを取り返す予定。気づいたらたべものと旅行のブログになりつつあるな。